2023/8/30(水) 豪ドル円

《環境認識》豪ドル円
<現在時刻>2023年8月30日(水)8:45
<現在レート>94.53
<経済指標>
10:30 豪CPI

<5分足水平線>
水平線㊤ 94.60 前日高値。
水平線㊥ 94.40 6:20安値。
水平線㊦ 94.25 ラウンドナンバー、2:50安値。

<売りか、買いか>買い(レンジ相場)
・60分足、30分足ともに100MA上の陽線。MAの並びも共に買いのパーフェクトオーダーだが前日の高値94.60を超えられずレンジになり始めているイメージ。
・5分足は下から来たレンジで上へ抜けていく可能性も有るので買いを選択するが、直ぐに買うのではなくいったん下落するか上へ抜けていくのを確認してからのリターンムーブを狙って買っていくこととする。

【トレード結果】
①トレード時間: 8:50~11:00(130分)
②トレード回数: 2回(1勝1負)
③獲得pips:+11pips(買い)
④感想:
1回目のエントリーは、じわじわと水平線㊤94.60を上抜けて行くところをみて、ここで買わなくてはノートレードになると焦ってしまった。水平線㊤を割り込んでいたのだからレンジブレイクの後のリターンムーブではなくブレイクの騙しの後の下落と判断して次の水平線まで落ちてくるかを様子見するべきでした。
心の余裕がないと勝てないと痛感しました。
さっ次!

【1回目】
 9:46 94.55 リターンムーブ買い
10:18 94.51 -4pips(32分)
ラウンドナンバー94.50まで落ちてきて反発したので買いエントリーした。
再び下落してラウンドナンバーを割り込み-7pipsになった後の反発でプラスになったものの最大獲得pipsは+4pipsしかならずに再び下落してマイナスになってしまった。
10:30の指標発表を控えているので損切りした。

【2回目】
10:32 94.20 手法★買い
10:37 94.35 +15pips(5分)
10:30の指標発表で急落したが安値94.17をつけて下落が止まったので左の安値94.20が強いレジサポラインとして効いていると判断して買いエントリーした。
直ぐにプラスになって揉みあい始めたところで利確した。

決済後は一旦数pips下落したが再び上昇して指標発表前のレート94.50付近まで上昇したが、ついていくことは出来なかった。

【週間成績】
①トレード時間:408分
②トレード回数: 5回(3勝2負)
③獲得pips:+21pips

【8月成績】
①トレード時間:3077分
②トレード回数: 41回(35勝6負)
③獲得pips:+286pips
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次