2023/11/16(木) 豪ドル円

《環境認識》豪ドル円
<現在時刻>2023年11月16日(木)13:45
<現在レート>97.84
<経済指標>なし

<5分足水平線>
水平線㊤ 98.12 5分足75MA付近。
水平線㊥ 97.93 直近高値。
水平線㊦ 97.75 直近安値、ラウンドナンバー。

<売りか、買いか>買い(レンジ相場)
・日足は100MA上で安値高値の切上げを崩していない。
・4時間足は高値97.74からの調整で下落したが左の高値97.64の手前のラウンドナンバー97.75で下落が止められた。
・60分足は陰線だがレートは100MAの上で左の上昇チャートの途中の揉みあい付近にいる。
・30分足は100MAの上からタッチする手前で陽線転換。上向きの100MAにサポートされているイメージ。
・5分足は100MA下の陰線だが11:10の安値97.75の時に★MAとの乖離が最大の★pipsとなって下落が止まったところ。
・5分足の75MAが下向きに角度をつけているので、75MAがもみ合い中のレート付近に追いつくまでレンジが継続するか、レートの方から75MAへ向けて上昇して行くイメージで買いを選択する。

【トレード結果】
①トレード時間: 
 13:45~17:30(225分)
 22:20~22:50(30分)
②トレード回数: 3回(3勝0負)
③獲得pips:+17pips(買い)
④感想:
今日は長時間にわたって張り付いた割にpipsが獲れなかった。
取りこぼしが多くて悔しさも有るが、エントリーポイントについては厳選して分かり易いところで待っているだけにしたので、時間の割には披露していないと思いたい。
3回目のエントリーはマークしていなかった経済指標の数秒前にエントリーしてしまって慌ててしまったが、今後は経済指標の重なりやアノマリーで突発的な動きの起きやすい時間の直前にはエントリーしない様に気をつけたい。
技術の未熟さで少ない獲得pipsをトレード時間でカバーする作戦は、経験値もたまるので疲れない範囲で行っていきたいと思う。

【1回目】
13:50 97.84 手法1買い
14:23 97.93 9pips(33分)
11:10の安値97.75で下落が止まり、11:55に再び安値97.75をつけて安値を切り上げ始めているとみて、安値切上げラインタッチからの反発で買いエントリーした。
直近高値97.73を上に抜けるイメージを持っていたが最大獲得pips+3pipsになった後、建値に戻してマイナスになってしまい、次にプラスに復帰したときに直近高値で利確してしまった。

決済の数分後に高値を+3pips更新して97.96に高値をつけた。

その後、決済レートをわずかに割り込んだところで上向きの5分足10MAにタッチして反発し50分かけて水平線㊤98.12付近まで15pips以上の上昇となりましたが、1回目の決済レートでの再エントリーの勇気が足りず見送りとなってしまった。
1回1回の決済が大事と痛感した。

【2回目】
16:29 98.04 リターンムーブ買い
17:13 98.06 +2pips(44分)
直近上昇の半値付近でラウンドナンバー98.00からのリターンムーブをイメージして買いエントリーした。
水平線㊤96.12付近まで上昇して最大獲得pipsが+7pipsになったが5分足が陰線となって下落し始めたのに粘りすぎて判断が遅れて微益で利確した。

決済後の10分で再び上昇して水平線㊤98.12にタッチして今度は上抜けた。
10pips以上の取りこぼしで情けない結果。


【3回目】
22:29 97.97  手法1買い
22:40 98.03 +6pips(11分)
ZOOM参加中に98.30付近まで上昇していたレートも水平線㊥97.93まで下落し、再び上昇し始めたので買いエントリーした。
エントリーした瞬間に22:30の指標発表でスプレッドが開いて瞬間的に-10pipsのマイナスになってしまった。少し動揺しながらプラスになるのを待ち、次の瞬間に獲得pipsが+5pipsになったので決済しようとしたが何度決済ボタンを押してもMT4が「ピン」となるのみで約定拒否されて再びマイナスになってしまう。
再びプラスになるのを待ったがもみ合いが続いてプラスとマイナスを繰り返すので+5pipsからさらに+1pips上乗せして利確した。

決済後はテクニカル通りに上昇が始まったかのようにさらに+5pips上昇した。
またしても取りこぼし、さっ次!

【週間成績】
①トレード時間:345分
②トレード回数: 3回(3勝0負)
③獲得pips:+17pips

【11月成績】
①トレード時間:1605分
②トレード回数: 17回(15勝2負)
③獲得pips:+91pips
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次