2023/11/1(水) 豪ドル円

《環境認識》豪ドル円
<現在時刻>2023年11月1日(水)18:50
<現在レート>95.80
<経済指標>なし

<5分足水平線>
水平線㊤ 96.00 直近高値、ラウンドナンバー。
水平線㊥ 95.80 半値、13~15:00の揉みあいの中心付近。
水平線㊦ 95.60 11:20安値。

<売りか、買いか>売り(レンジ相場)
・60分足は陽線が十字になり陰線転換するところで、4:00の高値96.16を頂点とする三尊になり始めている。
・30分足は100MAの上だが4:00の高値96.16の時に★MAとの乖離が最大の★pipsとなって下落が始まっている。10/31_22:30の安値95.60でいったん反発したが10/31_19:00高値96.00に押さえられて陰線転換し、95.67付近にある75MAへ向けていったんは下落しそう。
・5分足は75MA、100MAが横ばいで方向感が無く、100MAの上から下へレートが抜けたところ。
・5分足では方向感が無く、昨日までの上昇トレンドが継続するのか、高値更新できずに一旦は下落の始まりとなるのかイメージしにくいが、上位足の30分足、60分足で三尊の形成が見られるので、このまま直ぐに上昇トレンド再開にはならずに下落が始まるか、レンジになるイメージで売りを狙うこととする。

【トレード結果】
①トレード時間: 18:55~23:00(245分)
②トレード回数: 1回(1勝0負)
③獲得pips:+9pips(売り)
④感想:
来週から米国が冬時間となるので生活リズムを合わせるための予行演習のつもりで早めにトレード開始してみた。水平線㊤96.00での売りを考えていたがニューヨーク市場が始まるまでは大きな動きはなく、21:15の指標発表でようやく水平線㊤96.00に到達したが上昇トレンドの勢いが増していたので見送った。
三尊や手法4などで売りを選択したが、30分足以上のすべてで100MAの上の場合は、もっと慎重に売り買いを選択するべきだった。



【1回目】
22:16 96.21 手法★売り
22:31 96.22 +9pips(15分)
ラウンドナンバー96.25にタッチして押さえられたので売りエントリーした。
逆張りなので+10pipsになった所で利確した。

決済後はさらに6pips下落してから反発し、高値更新して行った。

【週間成績】
①トレード時間:245分
②トレード回数: 3回(3勝0負)
③獲得pips:+23pips

【11月成績】
①トレード時間: 245分
②トレード回数: 1回(1勝0負)
③獲得pips:+9pips
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次