2022/8/5(金) 豪ドル円

《環境認識》豪ドル円
<現在時刻>2022年8月5日(金)20:35
<現在レート>92.45
<経済指標>
21:30 米 雇用統計

<環境認識>

日足:
陰線転換して★★★★のように見える動きで、上昇してきた100MAに陰線が絡んでいいる。

4時間:
MAは売りのパーフェクトオーダーの並びで10MA下の陰線。

1時間:
安値(90.52)高値(93.80)半値(92.16)
半値の手前で反発上昇したが高値の前のラウンドナンバー93.00に押さえられて再び半値に向かって下落しているが横ばいの100MAにサポートされて陰線がだんだん短くなってきた。3つのMAと陰線が収束しているので方向感が無い。

30分足:
★★★★と★★★★が集まる93.00に押さえられて16:00過ぎから下落してきた。現在100MA下で十字。

5分足:
MAの並びは売りのパーフェクトオーダーだが10MAが横ばいに蛇行している。
75MAとの最大乖離は18:15の安値92.35の時の40pipsだが、横ばいのレンジが続いて75MAの方から近づいてきた。

<5分足水平線>
水平線㊤ 92.55 レンジ上限。
水平線㊦ 92.35 レンジ下限。

<売りか、買いか>買い(レンジ相場)
・1時間足で方向感が無い。
・30分足で100MAの下だが92.25または92.50付近にサポートされて陽線転換したイメージ。
・5分足で安値92.35から安値切上げしており下げ止まり、ラウンドナンバー92.50に対して★★★しているようなイメージ。

<戦略>買い
[1]水平線㊦付近で買い。
 損切り:水平線の少し下、または最大10pipsで損切り。

[3]水平線㊤を上抜けしたあと、水平線㊤に下げてリターンムーブしたら買い。
 損切り:水平線の少し下、または最大10pipsで損切り。

[3]水平線㊤を上抜けして5分足が買いのパーフェクトオーダーになったら買いエントリー。
 損切り:エントリー時の直近安値の少し上で最大10pipsの損切りとなるようにエントリーポイントを引き付ける

【トレード結果】
①トレード時間:20:52~23:20(148分)
②トレード回数: 3回(2勝1負)
③獲得pips:+12pips(買い)

【1回目】
21:04 92.56 リターンムーブ買い
21:17 92.58 +2pips(13分)
水平線㊤を上抜けしたあと一旦下落し水平線㊤でリターンムーブしたので買いエントリーした。最大獲得pipsは+5pipsになったが下落し始めたので指標発表前に早めの決済した。
決済後、21:30の指標発表までもみ合いが続いた。

【2回目】
22:20 92.79 リターンムーブ買い
22:29 92.69 -10pips(9分)
ラウンドナンバー92.75でリターンムーブしたので買いエントリーした。
最大獲得pipsは+2pipsまでしかならず下落して損切りした。

【3回目】
22:33 92.69 買い
22:48 92.89 +20pips(15分)
水平線㊤までは下落せず横ばいになっている5分足100MAにタッチして反発上昇し5分足陰線が短くなったので1分陽線転換で買いエントリーした。
直近高値付近で30分足の★★★にタッチして上昇の勢いが無くなったので決済した。
決済後はさらに10pips以上上昇してラウンドナンバー93.00を上抜けしていった。

【感想】
イメージしていた以上に上昇したが、pipsがほとんどとれなかった。
最初の上昇は指標発表の結果での上昇でトレードできず、2回目のエントリーはもっと下落するのを待つべきでした。
3回目のトレードではレンジを想定して早めの決済をしていたので早すぎる決済となってしまった。

【週間成績】
①トレード時間:473分
②トレード回数:8回(7勝1負)
③獲得pips:+47pips

【8月成績】
①トレード時間:473分
②トレード回数:8回(7勝1負)
③獲得pips:+47pips
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次