2022/8/11(木) 豪ドル円

《環境認識》豪ドル円
<現在時刻>2022年8月11日(木)21:00
<現在レート>94.00
<経済指標>
なし

<環境認識>

日足:
100MA上の陽線で、91.50-96.00付近のレンジが続いている。

4時間:
十字線が100MAの少し上にあるが100MAが7/29より横ばいになっており、10MA
75MAも100MAの近くにある。

1時間:
8/9より平均足が横並びで狭いレンジになっている。8/10の21:30に100MAの下に抜けたが前戻しして、上昇が緩やかになってきた75MAに支えられてきたが、21:00以降に陰線が10MAと75MAの上から下抜けして100MAの上から接近中。

30分足:
8/10の夕方頃より75MAと100MAが重なり合って横ばいになっている。100MAに対して10MAと平均足が絡み合っていて、現在は再び陰線となって下抜けしたところ。

5分足:
20:50に売りのパーフェクトオーダーになったところだが、少し俯瞰してみると93.53付近でサポートされて上限が94.30付近までのレンジになっている。

<5分足水平線>
水平線㊤ 94.30 レンジ上限。
水平線㊥ 94.13 半値
水平線㊦ 94.95 レンジ下限。

<売りか、買いか>売り(レンジ相場)
・5分足から4時間足まで100MAと75MAが横ばいで、値幅の小さなレンジになっている。
・5分足で売りのパーフェクトオーダーになっており、レンジを下抜けする可能性が有る。

<戦略>
<戦略>売り
[1]水平線㊤付近で売り。
 損切り:水平線の少し上、または最大10pipsで損切り。

[2]水平線㊦から上昇してきたとき、水平線㊥付近で売り。
 損切り:水平線の少し上、または最大10pipsで損切り。

[3]水平線㊦を下抜けして5分足が売りのパーフェクトオーダーの時、手法3で売りエントリー。
 損切り:エントリー時の直近高値の少し上で最大10pipsの損切りとなるようにエントリーポイントを引き付ける。


【トレード結果】
①トレード時間: 21:20~0:00(160分)
②トレード回数: 2回(0勝2負)
③獲得pips:-6pips(売り)

【1回目】
21:57 94.01 売りE
22:19 94.03 -2pips(39分)
安値93.84を付けて上昇したが5分足10MAの上の94.03に高値を付けて下落し、再び上昇して94.03を越えられなかったので売りエントリーした。
最大獲得pipsが+5pipsになったが建値に戻ってマイナスになったので決済した。

【2回目】
22:34 94.14 手法1売りA
22:54 94.18 -4pips(20分)
水平線㊥を上抜けして高値94.19をつけて下落したので売りエントリーした。
最大獲得pipsが+4pipsになったがマイナスになったので決済した。

2回損切りしたので3回目のトレードは無しとしました。

【感想】
イメージと逆に買いが有利な展開となった。
1回目のトレードは環境認識でレンジと判断していたのに下落の勢いが強いと判断してトレンド相場でのトレードをしてしまった。
2回とも一時的にプラスになっていたのに、利益確定または建値決済出来なかったので今後のトレードで繰り返さないように反省が必要だ。
本日は睡眠不足で集中力も欠けていたと思う。
トレードを優先することも必要だが体調管理もしっかりと行っていきたい。

【週間成績】
①トレード時間:338分
②トレード回数:5回(3勝2負)
③獲得pips:27pips

【8月成績】
①トレード時間:811分
②トレード回数: 13回(10勝3負)
③獲得pips:74pips
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次