2022/6/22(水) 豪ドル円

《環境認識》豪ドル円
<現在時刻>2022年6月22日(水)20:50
<現在レート>93.96
<経済指標>22:30 パウエルFRB議長発言


<環境認識>

日足:
100MA上の陽線。
安値(87.30)高値(96.88)半値(92.09)。
4/20および6/8、6/21の高値で三尊を形成する可能性が出てきた。

4時間:
100MA下の陰線になってきた。

1時間:
100MAに重なる陽線(十字)に色転換したところ。
10MAは75MAを下抜けし、さらに横ばいから下降に変化しつつある100MAを上からクロスしようと接近中。

30分足:
75MA>100MA>陽線>=10MA
レートは陽線の下端にあり、陰線転換しそう。
10MAに沿って下落するか、このまま上昇するかに着目。

5分足:
100MA>陽線(十字)>=75MA>10MA
高値(94.47)安値(93.59)半値(94.03)
本日6:00頃より高値切下げして来て、18:50に安値93.59を付けた。
現在安値からの反発中だが、半値と100MA、75MAに押さえられそうなイメージ

<5分足水平線>
水平線㊤ 94.03 半値。
水平線㊦ 93.50 直近安値。

<売りか、買いか>売り(トレンド相場)
・5分足でMAが売りのパーフェクトオーダーの並びでレートが下に動けば再び売りのパーフェクトオーダーが成立し、現在互いに接近中のMAが扇形に下放れしていきそうなイメージ。
・5分足で100MA、75MAおよび半値に押さえられるイメージで売りの根拠が多い。
・30分足で陰線転換して100MA下の陰線になりそう。
・日足で昨日の高値を越えられなかったため、これから三尊が成立しそうなイメージが有る。

<戦略>売り
[1]水平線㊤付近で売り。
 損切り:水平線の少し上、または最大10pipsで損切り。

[3]水平線㊦を下抜けして売りのパーフェクトオーダーの時、手法3で売りエントリー。
 損切り:エントリー時の直近高値の少し上で最大10pipsの損切りとなるようにエントリーポイントを引き付ける。


【トレード結果】
①トレード時間: 20:57~23:30(153分)
②トレード回数: 2回(0勝2負)
③獲得pips:-12pips(売り)

【1回目】
21:15 93.80 売り
21:46 93.82 -2pips(31分)
環境認識中に水平線㊤から一気に下落が始まり安値93.75を付けてチャンスを取り逃がす。
その後再び水平線㊤または5分足10MAまで上昇するのを待ったが届かず2度押さえられたので売りエントリーした。利確目標はラウンドナンバー93.75または5分足左の安値93.59。
ラウンドナンバー93.75を一気に下抜けしてきて最大獲得pipsは14pipsになったので強気で粘ってしまった結果、建値付近に戻ってきて損切りにしてしまった。

【2回目】
21:54 93.81 売り
22:10 93.91 -10pips(*分)
1回目の建値付近へ下落してきたので、売りエントリーした。
最大獲得pipsが+5pipsにまでなったが再びマイナスになり、損切りになった。

2回損切りで本日のトレード終了。
その後は上昇の展開となった。

【感想】
本日は朝からのトレンドが続くと判断して売りを選択したが、1回目のトレードで大きな含み益になった時にエロ心が入って建値付近の損切りにしてしまい、その後のトレードのリズムを崩してしまった。
もう一度、秘密の複利の計画を見直し、勝ち続けさえすればpipsをたくさん獲る必要はないことを肝に銘じて、明日からのトレードに臨みます。

【週間成績】
①トレード時間:464分
②トレード回数:5回(3勝2負)
③獲得pips:9pips

【6月成績】
①トレード時間:2698分
②トレード回数: 50回(37勝11負2分)
③獲得pips:+281pips
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次