2022/6/21(火) 豪ドル円

《環境認識》豪ドル円
<現在時刻>2022年6月21日(火)20時45分
<現在レート>94.45
<経済指標>なし


<環境認識>

日足:
100MA上の陽線。
安値(87.30)高値(96.88)半値(92.09)。
半値付近からの反発上昇。


4時間:
100MA上の陽線。
75MAおよびラウンドナンバー94.50に高値を押さえられているが、安値切上げて10MA、100MAが下から接近中。


1時間:
買いのパーフェクトオーダーで10MA上の陽線。
94.55付近で何度も高値を押さえられているが安値切上げも続いている。

30分足:
陽線>10MA>75MA>100MA。
安値切上げしているが100MAの上向き角度が次第に弱まっている。

5分足:
買いのパーフェクトオーダーで10MA上の陽線(十字)
下のラウンドナンバー94.25でリターンムーブを起こしており、レジサポラインが引ける。

<5分足水平線>
水平線㊤ 94.50 ラウンドナンバーでレジスタンス。
水平線㊦ 94.25 ラウンドナンバー、直近安値でレジサポライン。

<売りか、買いか>買い(トレンド相場)
・1時間以下の時間足で買いのパーフェクトオーダー。
・水平線㊤94.50に高値を押さえられているが、安値を切り上げているのでいずれ上抜けしていくイメージ。

<戦略>買い
[1]水平線㊦付近で買い。
 損切り:水平線の少し下、または最大10pipsで損切り。

[2]水平線㊤を上抜けして買いのパーフェクトオーダーの時、手法3で買いエントリー。
 損切り:エントリー時の直近安値の少し上で最大10pipsの損切りとなるようにエントリーポイントを引き付ける


【トレード結果】
①トレード時間:20:51~23:00(129分)
②トレード回数: 1回(1勝0負)
③獲得pips:+10pips(買い)

【1回目】
21:38 94.61 買い
21:55 94.71 +10pips(17分)
94.74に高値をつけて下落し、1分足を見て下げ止まってここからリターンムーブすると判断して買いエントリーした。
しかし下げ止まりの判断は早すぎて一時-7pipsの含み損となってしまった。
左の高値を見て少し早めに決済し、7pips下落したので高値のタイミングで決済出来たと思ったが、その後大きく反発して結局は決済値よりもさらに15pips以上上昇した。
大きく獲りこぼしたがスキャルピングとしては予測不可能な動きなので仕方ない。

その後も5分足レベルの押し目が無いまま上昇を続けていく展開で、ココから無理にトレードを試みると高値掴みの危険が有るので本日のトレードは終了とします。

【感想】
環境認識を終えたあたりから強い上昇トレンドが発生して押し目を作らず上のラウンドナンバー94.75まで上昇してしまった。
1回目のトレードでは5分足10MAを下抜けしたのでさらに水平線㊤まで下落を想定していたが、それまでの上昇が強かったので1分足の下げ止まりのタイミングを見つけてエントリーしたが早すぎるエントリーで大きな含み損を持ってしまった。
決済も早すぎて獲りこぼしが大きかったが、今後も確実にプラスで終えるトレードを続けていくためには、pipsを伸ばすことにこだわり過ぎない方が良いので、最大獲得pipsの半分になる前に決済出来た今回のトレードで良かったと思うことにする。


【週間成績】
①トレード時間:311分
②トレード回数:3回(3勝0負)
③獲得pips:+21pips

【6月成績】
①トレード時間:2545分
②トレード回数: 48回(37勝9負2分)
③獲得pips:+293pips
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次