2022/6/14(火) 豪ドル円

《環境認識》豪ドル円
<現在時刻>2022年6月14日(火)20時50分
<現在レート>92.65
<経済指標>20:30 米 PPI

<環境認識>

日足:
10MA>陰線>75MA>100MA
安値(87.30)高値(86.88)半値(87.09)

4時間:
75MA>10MA>100MA=陰線
前日の陰線の実体は短く100MAに乗っていたが本日実体の長い陰線となって100MAの上から下へ突き抜け、昨日の下ヒゲ先端に陰線の下端が並んでいる。

1時間:
売りのパーフェクトオーダーで10MA下の陰線。
前日 23:00の安値を更新してきた。

30分足:
売りのパーフェクトオーダーで10MA下の陰線。
75MAに高値が3~4回押さえられて切り下げてきたが平均足の実体は短くなってきた。
逆張り買いの条件になっている。

5分足:
100MA>75MA>10MA
逆張り買いの条件になっているので、反発上昇に注意。

<5分足水平線>
水平線㊤ 92.75 直近高値、ラウンドナンバー。
水平線㊦ 92.47 直近安値で2回当たっている。

<売りか、買いか>売り(トレンド相場)
**

<戦略>
<戦略>売り
[1]水平線㊤付近で売り。
 損切り:水平線の少し上、または最大10pipsで損切り。

[2]売りのパーフェクトオーダーの時、手法3で売りエントリー。
 損切り:エントリー時の直近高値の少し上で最大10pipsの損切りとなるようにエントリーポイントを引き付ける。

【トレード結果】(ニューヨーク市場)
①トレード時間:21:02~0:30(208分)
②トレード回数: 3回(2勝1負)
③獲得pips:+31pips(売り)

【1回目】
21:05 92.64 売り
21:29 92.76 -12pips(24分)
水平線㊤の手前で押さえられ、5分足10MAを下抜けしようとしたので売りエントリーした。
最大獲得pipsが+3pipsになったが揉み合いが続いてマイナスになり、そのまま損切りとなった。

【2回目】
22:25 92.80 売り
22:44 92.49 +31pips(19分)
ラウンドナンバー93.00の手前まで上昇して5分足75MAに押さえられて下落し、5分足10MAの上昇角度も弱まってきて、さらにレートが5分足10MAを下抜けしてきたので売りエントリーした。
直近安値付近でラウンドナンバー92.50にタッチしたので決済したが、さらに6pips下落した。

【3回目】
22:58 92.64 売り
23:16 92.52 +12pips(18分)
下降中の5分足10MAにタッチして押さえられると見て売りエントリーした。
エントリー後も上昇して一時-7pipsの含み損になった。
その後プラスになり、ラウンドナンバー92.50にタッチしたので決済した。
決済後もさらに6pips下落した。

【感想】
今回は売りを選択したが、トレード開始から上昇が先行する展開となった。
1回目、3回目とエントリーポイントが悪くもっと引き付けて売りを狙うべきでした。

【週間成績】
①トレード時間:402分
②トレード回数: 7回(6勝1負)
③獲得pips:+103pips

【6月成績】
①トレード時間:1838分
②トレード回数: 37回(29勝6負2分)
③獲得pips:+240pips
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次