2022/5/27(金)豪ドル円 利益確定が下手で反省

目次

2022/5/27(金)豪ドル円 ロンドン市場でのトレード結果

《環境認識》豪ドル円(ロンドン市場)
<現在時刻>2022年5月27日(金)16:00
<現在レート>90.56
<経済指標>なし


<環境認識>

日足:
100MA上の陽線
高値(95.74)安値(87.30)半値(90.52)

4時間:
100MA=陽線>10MA>75MA
安値87.30高値91.11半値89.20

1時間:
100MA上の陽線。
MAの方向はバラバラで100MAは横ばい、89.30-90.66のレンジの上限付近。

30分足:
買いのパーフェクトオーダーで陽線転換したところ。
上のレジスタンスライン90.65へは3回目のチャレンジだが今回は10MAが接近している。

5分足:
買いのパーフェクトオーダーで陽線
左の高値90.63を上抜けするかに注目。

<5分足水平線>
水平線㊤90.65 レンジ上限。6/23の水平線㊥
水平線㊦90.42 レンジ下限。6/23の水平線㊦

<売りか、買いか>買い(レンジ相場)
・30分足、5分足で買いのパーフェクトオーダー。
・1時間足で100MAが横ばいで5分足ではレンジの上限にも見えるので、レンジ内のなるべく安いところから買いを狙い、レンジを上抜けして上昇のトレンドが発生したら手法3でトレードすることとする。

<戦略>買い
[1]水平線㊦90.42付近で買い。
 損切り:水平線の少し下、または最大10pipsで損切り。

[3]水平線㊤90.65を上抜けして買いのパーフェクトオーダーの時、手法3で買いエントリー。
 損切り:エントリー時の直近高値の少し上で最大10pipsの損切りとなるようにエントリーポイントを引き付ける

【トレード結果】(ロンドン市場)
①トレード時間:16:09~19:30時間(201分)
②トレード回数: 4回(4勝0負)
③獲得pips:+25pips(買い)

【1回目】
16:50 90.67 買い
17:16 90.68 +11pips(26分)
高値90.79をつけたあと下落し、水平線㊤でリターンムーブしたので買いエントリー。
獲得pipsが+8pipsになった後で建値付近に戻り、再び上昇して5分足左の高値付近で決済。
欲を出して26分も保有してしまったが、途中で仕切りなおして再エントリーすれば、+5pips余分に積み重ね出来た可能性が合った。反省。
決済後はしばらくもみ合ったが、5分後に+5pips上に高値を付けた。

【2回目】
17:44 90.75 買い
18:26 90.79 +4pips(42分)
ラウンドナンバー90.75、5分足75MAおよび100MA付近でリターンムーブしたので買いエントリー。
エントリー後、水平線㊤付近まで下落して一時-7pipsのマイナスを抱えてしまった。その後なんとかプラスになったがpipsが伸びていかないので、決済した。

【3回目】
18:49 90.68 買い
18:52 90.74 +6pips(5分)
水平線㊤にタッチして反発したので買いエントリー。
ラウンドナンバー90.75および上昇から横ばいに変化してきた5分10MAにタッチしたので決済した。
決済後もさらに+6pips上昇して5分左の高値にタッチした。

【4回目】
19:05 90.70 買い
19:23 90.74 +4pips(18分)
再び水平線㊤付近に落ちるのを待ったがわずかに届かず反発したので買いエントリー。
ラウンドナンバー90.75をなかなか上抜け出来ないので4~5回目のタッチで決済した。
決済後は上抜けして+5pips程度上昇した。

【感想】
今回はテンポ悪く保有時間の長いトレードを行ってしまった。
2回目のトレードではマイナスからの回復を待ったので仕方ないが、1回目のトレードでは保有時間を区切ることで2回か3回のトレードに分割再エントリー出来ていれば、5pips以上余分に獲れていた。
3回目のトレードは尻尾を+6pipsも逃してしまったが、全体的にこの程度のテンポでトレードした方がスキャルピング的で良いのだと思う。

2022/5/27(金)豪ドル円 ニューヨーク市場でのトレード結果

《環境認識》豪ドル円(ニューヨーク市場)
<現在時刻>2022年5月27日(金)20:45
<現在レート>90.67
<経済指標>なし

<環境認識>

日足:
100MA上の陽線
高値(95.74)安値(87.30)半値(90.52)

4時間:
陽線>100MA>10MA>75MA
ラブホチャレンジで100MAの上になったところ。
安値(87.30)高値(91.11)半値(89.20)

1時間:
100MA上で陰線の長い下ヒゲ先端が10MAに刺さっている。。
ラウンドナンバー90.50が強いサポートとなっている可能性。

30分足:
買いのパーフェクトオーダーで陰線3本目だが陰線実体が短くなってきた。
水平線90.65付近がレジサポラインになっているかに注意。

5分足:
ロンドン時間での買いのパーフェクトオーダーが崩れて3本のMAと陰線が絡み合っている。

<5分足水平線>
水平線㊤ 90.87 直近高値。
水平線㊦ 90.55 直近安値。

<売りか、買いか>買い(レンジ相場)
・30分足で100MAの上で、陰線も短くなり陽線転換が見込まれる。
・1時間足で長い下ヒゲとなりラウンドナンバー90.50付近からの強い反発のイメージで、90.50が強いサポートとして機能する期待が出来そう。
・5分足で買いのパーフェクトオーダーが崩れたが


<戦略>
[1]水平線㊦付近で買い。
 損切り:水平線の少し下、または最大10pipsで損切り。

[3]水平線㊤を上抜けして買いのパーフェクトオーダーの時、手法3で買いエントリー。
 損切り:エントリー時の直近高値の少し上で最大10pipsの損切りとなるようにエントリーポイントを引き付ける

【トレード結果】(ニューヨーク市場)
①トレード時間:21:01~23:20(179分)
②トレード回数: 5回(5勝0負)
③獲得pips:+25pips(買い)

【1回目】
21:03 90.67 買い
21:09 90.72 +5pips(6分)
和也の法則で買いのポイントを探していたところ、5分足100MAに支えられて陰線が十字になってきたので買いエントリーした。
本日夕方からの高値圏で5分足の100MAが横ばいになって勢いを失いつつあり、30分足の10MAも横ばいになってきているので、プラスのうちに早めの決済をした。

【2回目】
21:44 90.74 買い
22:11 90.78 +4pips(27分)
5分足75MAにタッチして反発し10MAを下から上へ抜けたので買いエントリーした。
エントリー後、揉み合いが続いたのでなるべく獲得pipsが大きくなったところで決済した。
決済後は一旦+3pips上昇したあと急落して建値を下抜いた。

【3回目】
22:17 90.76 買い
22:25 90.78 +2pips(8分)
5分足75MAに上からタッチして反発したので買いエントリーした。
一時-6pipsになったのでプラスになったところで決済した。
決済後、さらに10pips以上上昇して水平線㊤を上抜けしていった。

【4回目】
23:04 90.84 買い
23:08 90.90 +6pips(4分)
新たに引けたレジサポライン90.80に上からタッチして反発したので買いエントリーした。
1分足左の高値を見て決済した。

【5回目】
23:20 90.84 買い
23:49 90.91 +7pips(29分)
4回目と同じレート付近で反発したので買いエントリーした。
最大獲得pipsが+5pipsになった時に集中力が切れて決済を逃して急落し一時マイナスになってしまった。その後再びプラスになり4回目の建値付近で決済した。
決済後、さらに4pips上昇した。

【感想】
イメージ通り上昇相場だったが、素直なトレンドにならずpipsを獲りにくかった。
5回目のトレードはプラスで終えたが一時マイナスになるというミスがあった。
長時間のトレードで集中力が切れることもあるのでほどほどで止めることにする。
全体的に保有時間が長くなる傾向があったのは値動きが緩慢だったこともあったが、どんな相場でもスキャルピングらしいトレードが出来るように練習が必要と感じた。

週間成績、月間成績

【週間成績】
①トレード時間:706分
②トレード回数:18回(16勝2負)
③獲得pips:112pips

【5月成績】
①トレード時間:1677分
②トレード回数: 42回(36勝6負)
③獲得pips:307pips
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次