2022/2/22(水) 豪ドル円

《環境認識》豪ドル円
<現在時刻>2023年2月22日(水)9:00
<現在レート>92.67
<経済指標>なし

<環境認識>

日足:
100MA上の十字線。★★★チャレンジ成功の後、左の高値93.03(2/14)で押さえられた。

4時間:
100MA上の陰線。91.95-93.03のレンジ上限から下落して半値まで下落した。

1時間:
100MA上の陽線。ラウンドナンバー92.50付近で横ばいの75MAと100MAにサポートされて反発したが、上から下向きの10MAに押さえられている。

30分足:
100MA下の陽線。2/15と前日に何度かラウンドナンバー93.00付近で押さえられて下落し、横ばいになって来た75MAと100MAに陽線高値を押さえられる形になって来た。4:00に100MA下の92.35から反発上昇が始まって、ここにレジサポラインが引ける。

5分足:
100MA上の陽線。3つのMAは絡み合って横ばいに近く方向感がない。★★★チャレンジで陽線が75MAの上にサポートされて反発上昇したところ。


<5分足水平線>
水平線㊤ 92.68 9:00高値。
水平線㊥ 92.50 ラウンドナンバー、。
水平線㊦ 92.35 4:20安値、30分足のレジサポライン。

<売りか、買いか>売り買い(レンジ相場)
・30分足、1時間足ともに陽線。1時間足では100MAの上にある。
・1時間足で左の高値を超えられずにいったん下落したが、30分足のレジサポラインにサポートされて再び30分足の100MAを上抜けしようとしている。
・5分足では★★★チャレンジで100MA上で10MAに乗って上昇するイメージ。


<戦略>買い
[1]水平線㊦レート付近でまたは5分足75MA付近で下落が止まったのを確認して手法★買い。
 損切り:エントリー時の直近安値の少し下、または最大10pipsで損切り。

[2]水平線㊥レートを上抜けしたら、いったん下落して水平線㊥レート付近で手法★買い。
 損切り:エントリー時の直近安値の少し下、または最大10pipsで損切り。

[3]水平線㊤レートを上抜けしたら、一旦下げて水平線㊤レート付近でリターンムーブするところを買い。
 損切り:エントリー時の直近安値の少し下、または最大10pipsで損切り。



【トレード結果】
①トレード時間: 9:06~11:00(114分)
②トレード回数: 1回(1勝0負)
③獲得pips:+6pips(買い)
④感想:
今日は最初にチャートを見た直観では売りだと感じたのですが根拠が1時間足と30分足が陽線で売りを選択するのは根拠が薄いと考えてレンジ相場での買いを選択しましたが9:30の指標発表で流れが変わってしまい、売り買い逆で展開で難しいトレードとなりました。
今日のトレードはこれで終了にしますが、隙間時間が確保できればSlackで皆さんのトレードを参考にチャートの振り返りをしたいと思います。
さっ次!


【1回目】
9:32 92.36 手法★買い。
10:06 92.42 +6pips(25分)
重要指標ではなかったが9:30の豪指標発表で急落し安値92.15をつけた後水平線㊦92.35まで急反発したところで買いエントリーした。
最大獲得pipsは+14pipsになったがラウンドナンバー92.50と5分足の75MAおよび100MAに押さえられて下落して建値まで戻ってしまった。
再び上昇して最大獲得pipsの半分まで回復したところでいったん利確した。

決済後は再び下落して安値92.24をつけた。


【週間成績】
①トレード時間:227分
②トレード回数: 2回(2勝0負)
③獲得pips:+13pips

【2月成績】
①トレード時間:653分
②トレード回数: 9回(6勝3負)
③獲得pips:+25pips
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次