2022/12/20(火) 豪ドル円

目次

東京市場

《環境認識》豪ドル円
<現在時刻>2022年12月20日(火)8:50
<現在レート>91.82
<経済指標>
12時頃* 日銀政策金利
15:30 黒田日銀総裁発言

<環境認識>

日足:
100MAの下陰線。9/12高値98.43からの高値切下げライン(トレンドライン)と11/28の安値92.00付近に接する切下げライン(チャネルライン)でピンボール。現在半値付近に反発上昇したところ。

4時間:
100MA下の陽線。高値93.35/安値90.90/半値92.12、昨日の上昇で半値戻し達成したところ。

1時間:
100MA下の陽線。100MA、75MAは下落中だが10MAは下から上昇していて角度が弱まってきている。12/19安値90.90を頂点とする逆三尊となって上昇し、75MAに一度押さえられている。

30分足:
100MA上の陽線。★★★★が成功したところ。

5分足:
100MA上の陽線。★★★★は横ばい、10MAが下から上抜けしようとしている。91.58-91.95のレンジ。

<5分足水平線>
水平線㊤ 91.95 直近高値(2:35)。
水平線㊥ 91.80 5:30高値。
水平線㊦ 91.58 直近安値(7:20)。

<売りか、買いか>買い(レンジ相場)
・4時間足以下ですべて陽線。日足は短くなった陰線の高値付近にレートが有り十字になろうとしている。
・30分足では★★★★成功、1時間足では前日に逆三尊となって上昇に転じたばかり。
・5分足では一度100MAを下抜けしたが再び★★★★が始まっているイメージ。

<戦略>買い
[1]水平線㊦91.58付近で手法★買い。
 損切り:エントリー時の直近安値の少し下、または最大10pipsで損切り。

[2]水平線㊤91.95付近から下落してきて水平線㊥91.80付近で手法★買い。
 損切り:エントリー時の直近安値の少し下、または最大10pipsで損切り。

[3]ラウンドナンバー92.00を上抜けした後、水平線㊤91.95付近に下げてリターンムーブしたら買い。
 損切り:エントリー時の直近安値の少し下、または最大10pipsで損切り。


【トレード結果】
①トレード時間: 8:57~14:00(303分)
②トレード回数: 3回(2勝1負)
③獲得pips:+10pips(買い)

【1回目】
9:11 91.82 手法★買い。
9:22 91.87 +5pips(11分)
水平線㊥91.80と5分足10MAにタッチして反発したので買いエントリーした。
最大獲得pipsは+6pipsまでとなり、しばらくもみ合ったので利確した。
決済後、建値まで下落したが再び反発上昇した。

【2回目】
11:03 91.87 手法★買い。
11:47 91.87 -0pips(44分)
水平線㊥91.80付近まで落ちてきて反発し、たので買いエントリーした。
瞬間的に最大獲得pipsが+3pipsになったが下落して含み損になり、建値に戻って決済した。
決済後は下落したが、日銀政策金利発表による暴落が発生した。

【3回目】
13:53 88.65 手法1買い
13:54 88.70 +5pips(1分)
日銀政策金利の大暴落の後、5分足10MAの角度が緩やかになって十字線になって来て、1分足でも安値を切り下げなかったので買いエントリーした。
獲得pipsが+5pipsになったので早めに利確した。
決済後さらに10pips近く上昇してから再び下落が始まり安値更新した。

【感想】
日頃考えていた東京市場の作戦として+3pipsから+5pipsでも良いので確実にプラスで利確するつもりで臨んでみた。午前中はエントリーすればよかった場所、決済するべき場所等あってイメージ通りでトレード出来ていれば政策金利前の午前中だけでも10pipsから15pips獲れていた可能性もありました。
しかし集中力だけの問題でなく、家族に声をかけられたりNTTを装ったセールスの訪問等の邪魔が入るなどでチャンスを逃したりの場面が有りました。
日頃からコミュニケーション等で気をつけてはいましたが、理解を得られるように努力は必要だと感じました。
それにしても正午の経済指標後の暴落はすさまじく、1分足チャートが1分足に見えないという珍しいものを見ることが出来ました。
明日も東京市場にチャレンジできれば午前中での10pips獲得を目指します。
さっ次!

ニューヨーク市場

《環境認識》豪ドル円
<現在時刻>2022年12月20日(火)20:55
<現在レート>88.40
<経済指標>なし

<環境認識>

日足:
100MA下の陰線。経済指標による急落で88.00に安値を付けて40pipsの反発したところ。
100pips下に5/12の安値87.30が有る。

4時間:
100MA下の陰線。経済指標による急落で長い陰線3本目だが3本とも安値は現在レート付近で止まっている。左のチャートは見えない状態。

1時間:
100MA下の陰線。経済指標により急落したがようやく陰線が短くなってきた。上から下りてきた10MAはまだレートに追いついていない。

30分足:
100MA下の陰線。100MA>75MA>10MA、10MAはようやく横ばいになったところ。
★MAとの乖離は★★pips離れている。

5分足:
100MA下の陰線(十字)。20:30頃から3つのMAと平均足が収束してきた。

<5分足水平線>
水平線㊤ 89.00 13:30、15:55の高値付近のラウンドナンバー。
水平線㊥ 88.65 直近高値(19:50)
水平線㊦ 88.32 18:15ほか5分足安値が何度も当たっている。

<売りか、買いか>売り(レンジ相場)
・すべての時間足で100MA下の陰線。
・日銀政策金利の影響による急落の後に反発したところで再び下落トレンドになるかは分からないが、安値固めが終わったという根拠も見当たらないので、なるべく上昇してきたところの売りを狙うこととする。

<戦略>売り
[1]水平線㊤89.00で上昇が止まったのを確認して手法★売り。
 損切り:エントリー時の直近高値の少し上、または最大10pipsで損切り。

[2]水平線㊥88.65付近で手法★売り。
 損切り:エントリー時の直近高値の少し上、または最大10pipsで損切り。

[3]水平線㊦88.32を割り込んで戻ってこないときは5分足が売りのパーフェクトオーダーになっている事を確認して手法★売り。
 損切り:エントリー時の直近高値の少し上で最大10pipsの損切りとなるようにエントリーポイントを引き付ける。

【トレード結果】
①トレード時間: 21:00~0:30(210分)
②トレード回数: 4回(3勝1負)
③獲得pips:+56pips(売り)

【1回目】
21:06 88.61 手法★売り。
21:26 88.39 +22pips(20分)
水平線㊥88.65にタッチして跳ね返ったので売りエントリーした。
最大獲得pipsが+16pipsになった後、反発して半分以下になったので再び最大獲得pipsに戻ってくるのを待ってさらに5pips上乗せできたので利確した。
決済後もさらに下落して水平線㊦88.32にタッチしてからの反発となった。
5pipsの取りこぼしだった。

【2回目】
22:33 88.15 手法★売り。
22:56 97.98 +17pips(17分)
安値87.95からの反発もラウンドナンバー88.25付近で押さえられて下落したので売りエントリーした。
本日安値を更新したが反発して揉みあったので利確した。
決済後さらに4pips反発上昇したが再び下落して安値を更新した。
決済後10分間で最大11pipsの取りこぼし。

【3回目】
23:20 88.02 手法★売り。
23:29 88.02 レート -0pips(9分)
ラウンドナンバー88.00を上抜けたが再び下落してきたので売りエントリーした。
最大獲得pipsが+6pipsになったが反発したので建値決済した。


【4回目】
23:42 88.19 手法★売り。
 0:14 88.02 +17pips(32分)
ラウンドナンバー88.25付近まで上昇して再び下落し始めたので売りエントリーした。
すぐに最大獲得pips+5pipsになったが水平線㊦88.32付近まで上昇して含み損が最大-12pipsになってしまった。
直ぐに下落したので建値に戻るまで保有を続けると5分足が陰線転換して下落の勢いが増したのでさらに粘り、ラウンドナンバー88.00にタッチして下落の勢いが無くなったので利確した。
決済後はしばらくもみ合ったが10分間でそれ以上の下落はなかった。


【感想】
3回目は+6pipsになっていたのに判断が遅れて建値決済となり、悔しいです。
4回目は水平線㊦までの上昇を覚悟していたもののラインまでの引付けが甘い安易なエントリーだった。
今日は東京市場で微益の積み重ねと建値決済の練習のつもりで挑み、ニューヨーク市場ではファンダメンタル後で幅の広いレンジをイメージして水平線から水平線までを獲るつもりで挑み、少しは感触を掴めた気がします。
環境認識で想定した水平線㊦を割り込んだことで安易にトレンド相場でのトレードを行ってしまいましたが、3回目と4回目では5分足10MAが横ばいから上昇に変化していたタイミングだったのでもう少し慎重にエントリーポイントを探るべきでした。
明日はもっときれいなトレードにします。
さっ次!


成績まとめ

【週間成績】
①トレード時間:997分(豪ドル円)
②トレード回数: 11回(7勝4負)(豪ドル円)
③獲得pips:+76pips(豪ドル円)

【12月成績】
①トレード時間:2798分
  豪ドル円 2323分
  ポンド円 475分
②トレード回数: 32回(22勝10負)
  豪ドル円 26回(20勝6負)
  ポンド円 6回(2勝4負)
③獲得pips:+147pips
  豪ドル円 +150pips
  ポンド円 -3pips
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次